Slow & Steady -to discovery the root-

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
30
 

我慢・葛藤

2008年ももう終わり。
あっという間の2008年。
今年は我慢と葛藤の一年だった。

欲しいものは我慢
食べたいものは我慢
イラっとしても我慢
納得できなくても我慢
そんな我慢をしている自分と葛藤
今の自分と先の自分を見つめて葛藤
新しい世界を見て葛藤
明るい部分と暗い部分で葛藤

【ストレスは、自分を高めるためのスパイスだ】

金沢大学石村部長の言葉、
今の自分は共感することができるような気がする。


--------
リンク栃木誕生
加藤三彦監督就任
田臥勇太選手日本リーグ復帰
加藤監督更迭
フェニックス、レイクスターズ参戦
日本協会の混迷極めた状態
麻生首相の就任と就任見送り
JBLとbjの確執から協同への第一歩
アテネ五輪出場ならず


バスケットボール界も我慢の一年だったのではないだろうか。
2008年間の鬱憤や鬱積が2009年、
素晴らしい形で花開くことを願ってやまない。

--------
浜松大学の春季トーナメント完敗準優勝
金沢大学、約10年ぶりに2部降格
浜松大学、西日本大会ベスト8で敗退
金沢大学、創部以来初?の北陸地区大会準優勝

浜松大学、秋季リーグ戦優勝
金沢大学、インカレ予選第3位

浜松大学、インカレ2回戦敗退


シーズン前半は心身ともに苦しかった。
浜松大学は、敗因や原因がわかっていたので、
修正するのみで、日々奮闘した。
金沢大学は、かなり衝撃的だったかな。

金沢大学は、結果も悔しかったが、
田中、中村と力を入れた選手が、
チームを離れたことが悔しかった。

来年はまたも選手が離れるようで、
非常に悔しく、憤りを感じる。


シーズン後半は、
浜松大学も金沢大学も多少の浮き沈みはあったものの、
しっかりとしたベクトルを保ちながら、秋の大会を迎えた。
浜松大学は春の悔しさを晴らすに十分な完勝で全勝優勝。

金沢大学は、正直、予想外に第3位。
『おそらく新潟大学に敗れるだろう』と思っていた。
地元開催と金沢大学の維持で勝ったんかな。

---------
先に書いたように、
今年一年、我慢と葛藤の一年だった。

今年は新しいバスケットを勉強したとか、
新しい思考を発見したとか、
何かを得たというよりも、
自分自身を整理することができた一年だったと思う。
新しい環境で我慢と葛藤を繰り返すうちに、
徐々に自分自身を見つめなおし、
金沢大学時代の2年間やはたまた学生時代の4年間まで、
そして将来の自分像を含めて整理の一年だった。

自分が行ってきたコーチングの何がよかったのか、悪かったのか、
そして、ベンチワークをアシスタントで見ることによって、
自分のベンチワークの際になにが出来ていなくて、何が間違っていたのか。

金沢大学時代の指導は間違っていなかったと思う。
しかし、采配に関してはかなり間違っていた。
今、それを感じビデオで振り返ってみると、
『やっぱり・・・』と感じる。
また、バスケットの戦術等は間違っていなかったけども、
その伝え方や選手一人ひとりへの接し方等、
もっともっと改善する点があったと思う。

【組織はトップ以上の器にはならない】
と言葉をいただいた。
今、理解できている。


ただ、
金沢大学への愛情は忘れてはいないけども、
もう金沢大学に依存はしていない。

いつか金沢大学を再び指導する機会にめぐり合えたら、
しっかりと精魂込めて選手と対峙するし、勝利を強く意識して奮闘する。
同時に、万が一、金沢大学以外のチームと巡り合えても、
それもまた金沢大学を倒しに行く気持ちで対峙できる。

今年は、
金沢大学への依存を吹っ切るための一年であったともいえるか。



来年のテーマは、
挑戦・葛藤・我慢
たぶん。


日本でのバスケットボールメジャー化に向けて、
小さな小さな力だけれども尽力していきたい。

昨日、winter cup2008が終わったけども、
高校生や中学生が、
「将来の夢は何ですか?」と聞かれて
「プロバスケットボール選手です」と堂々と言える環境を日本に築いていきたい。
今で言う、プロ野球みたいなね。
今の日本では、
「プロバスケットボール選手です」と言うと、
「本当に?」
「大丈夫?」
「そんなことより、安定した職のほうが。。」
と言われる機会のほうが多いと思う。

ちびっ子たちが少しでも夢を語れるような環境にしたい。

どのような形でかかわれるかはわからないし、
どうすることがメジャー化につながるのかはわからないけども、
指導者として奮闘していけば、
少しずつ道が見えてくると思う。
というより信じている。


俺らしく、相変わらずぼんやりだけども、
一歩ずつ着実にメジャーに向けて頑張りたい。
信じることからすべては始まるからね。
俺のような微力では何も出来ないかもしれないけども、
信じ続けることは絶対にやめません。

日本でもバスケットがメジャーになると。




といいながら、
2008年我慢したご褒美に、
今日、自分にMini PC買いました^^;

スポンサーサイト
    19:04 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
プロフィール

Coach-E

Author:Coach-E
名前:
衛藤 晃平
(Kohei Etoh)
出身:
大阪府
経歴:
・大阪府立住吉高等学校
・放浪
・金沢大学教育学部スポーツ科学課程
・金沢大学大学院教育学研究科
指導:
・金沢大学男子バスケットボール部H.コーチ
・浜松大学男子バスケットボール部A.コーチ

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。