Slow & Steady -to discovery the root-

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
09
 

アメリカヴァーモント→カナダケベックへと続いたアウェイゲーム2連戦。

この2試合にはとてもたくさんのことが隠されていることに、
帰路のバスの中で試合を振り返りながら気づいた。


第1戦
相手は、ヴァーモント フロストヒーブス

カンファレンス2位のチーム。
しかし、1位のミルラッツが13勝。
フロスヒーブスが9勝。

プレイオフ進出のためにも、ヴァーモントは負けられない戦いだった。


実際の試合は、カンファレンスチャンピオンを決めるだけの素晴らしい戦い。

米国にきて、一番の試合だった。

金曜日の夜という平日にもかかわらず、
1階席2階席は満員御礼(=ほぼアウェイ状態)。
もともと、非常にレトロで木製の小さい会場。全部で4000人というところか。
「3時間かけて応援に来たよ」というミルラッツファンも一角を占める。

P1000949_convert_20090309104400.jpg
(今回の映像ではないが、以前撮影した同アリーナ)

お互いに前半から非常に集中した、非常にいいムードを醸し出す。
客観的に見て、ヴァーモントからは
観客、選手、スタッフ、会場中の関係者から
『絶対に負けられない戦い』という気持ちがヒシヒシと伝わり、
『ちょっとまずい展開になるかな』と思った。

前半終了した時点で、2点差。
非常に緊迫した雰囲気が続く。

ハーフロッカールームでも、
レトロな作りのためか、互いのチームの非常に気合の入った声が聞こえる。

後半も非常に集中したゲームが流れる。
あれだけ集中した背景には、気持ちがあるのだろうけど、
その気持ちから体現されるDefに大きな要因があったと思う。
もし、単なるハイスコアゲームで追いつ追われつになっていたら、
このピーンと張りつめたピアノ線みたいな雰囲気にはならなかったと思う。
互いに素晴らしいDefを披露し、その一瞬のすきを逃さずブレイク勝負。
これが独特の雰囲気を醸し出していた。
Defも互いに隠すことなくゾーンプレスやトラップ、ゾーンディフェンスなど多様に。
プレイヤータイムアウトを含むすべてのタイムアウトで、Defが変化し様相が常に変化していた。

そして、勝負の4Qは互いに点の取り合い。
第4Q残り20秒、ミルラッツ2点リードで、
ワンプレイをヴァーモントが沈め、オーバータイムへ。

オーバータイムは、色々な意味で観客の後押しを得たヴァーモントがものにし勝利。



非常に息の詰まる好ゲームだった。



この試合を見て思うことがいくつか。

カンファレンス優勝をかけたこの試合に非常に締まった試合。
ヴァーモントは試合前から宣伝していたし、
会場には素晴らしいチーム紹介のプログラムも配布。
試合中のタイムアウトの際には、
Tシャツを観客席に投げ入れたり、マスコットが会場せましと走り回ったり。
相手ながら、この試合にかける気持ちには尊敬させられた。
また、オーバータイムの際にふと得点版に目をやった時に気付いたが、
80歳を超えた女性が右手と左手を重ねるように杖をつき、
横からは旦那さんに脇を抱えながら、大声で応援されていた。
その方は足元も覚束ない状態だけども、
結局オーバータイム中ずっと立ちっぱなしで応援されていた。
勝利が決まった瞬間も大喜び。
なぜか知らないが、そんな姿を見て自分はとても感動してしまった。
このような素晴らしい試合のコートに自分が立てたことは幸せだ。


また、オーバータイムでの出来事。
残り30秒2点ビハインドの状態で、うちのゾーンプレスがはまり。
マイボールにしたはずだった。
当該選手も「あっ」っていう顔をした。
が、レフリーのジャッジは、ヴァーモントボールを指さしていた。
アピールしたいけども、
「ここでテクニカルとられたら…勝負が決まってしまう」ということでコーチがベンチを静める。
で、結局、その後ファウルゲームをしかけるが点差は縮まらず、敗退。
あのレフリーのジャッジは、観客の力だったように思えてならない。
ここまで完ぺきにジャッジしてきた人間の心を動揺させるだけの力が、
ヴァーモントの観客からは出ていた。
うちのベンチも、自分も、あっさり引き下がったし。
目に見えない力、野村監督の「無形の力」の1つになるんだろうか。
とても素晴らしい観客だった。

もうひとつ。
この試合非常に熱くなった自分は、金沢大学時代のように、
ベンチの端っこからレフリーへアピールしたり、盛り上げたりしていた。
実はオーバータイムの最後の最後でテクニカルを吹かれた。
その時、レフリーが明らかにこっちをみて吹いたので、
「はうっ...」と思いきや、横にいたうちのGMに対してだった。
「ほっ。」ってか、審判にテクニカル吹かれるほど、私の英語力はありませんからね^^;
この試合、この声だしのせいで喉をつぶしてしまった。
情けない。
後半、ベンチの選手と一緒に盛り上がっていただけで、のどが...
選手がトレーニングしているように、指導者もトレーニグしないと。
4月から大丈夫かな…と不安になった。

最後に、
上述したけどもDefがしっかりとしていないチームは魅力が半減すると思う。
華麗なド派手なプレイをするのも、素晴らしいDefがあってこそ映えるもんだと思う。
「とにかくDef、バスケットはDef。
 ハイスコアゲームを目指すチームもリバウンドやルーズボールはしっかりやらないと。
 リバウンドもルーズボールもDef。」
互いにDef良く映ったけど、オーバータイムで100点ゲームだった。


やはり、この日に勝利して、カンファレンス優勝を決めたかったけども、
今回は客観的に、ヴァーモントの選手スタッフ観客関係者の姿勢にあっぱれです。
選手も負けて悔しかったけども、
すごく気持ちのいい表情をしていたし、
コーチも「明日だ。明日、今日のような試合をするしかない」のみ。


最後の遠征で、最も素晴らしいゲームに立ち会うことができた。



-宿舎に帰って-
連戦ということで、大学1年次以来の洗濯を^^

これがまた、5Lや6Lのユニフォームが乾かへんこと。。。

大学時代は同期と花火しながら洗濯したり、喋りながら洗濯したりしたけど、
この洗濯という伝統も素晴らしい伝統です。
久しぶりに洗濯をしてみて、
洗濯してくれる1年生やマネージャーに感謝しないとね^^

スポンサーサイト
    11:32 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
09
 

Quebec
ケベック

セントローレンス川を見下ろすディアマン岬。
そこに築かれたケベック・シティはケベックの州都でもあり、
ユネスコの世界歴史遺産都市にも選ばれた城壁都市として有名。
ケベック州政府観光局日本語オフィシャルサイトより)


今回の遠征先(アウェイゲーム)は、カナダのケベック。
ケベックは、日本人も一度は耳にしたことのある都市だと思う。


初めてのケベック、



一言、



好きになりました。






いつか、プライベートでも訪れてみたいと思いました。







アメリカからカナダに入り、ハイウェイを走り続ける。


ハイウェイをぬけて、一般道を走る。


急勾配の坂を上り、上った先にあったのが、城壁都市だった。


まるで、自分がドラゴンクエストの世界に入ったかのような。

非常にすばらしい景観でした。


ホテルについて、少しリラックス。


試合まで2時間ほどあったので、街の散策へと。

ホテルのドアを開けると、

P1010367_convert_20090309085627.jpg
いきなり馬車。
立派な体と立派な家畜のにおいを主張してました^^;
車やバスよりも馬車優先で街が動いていました。


その後、少し馬車のドライバーと談笑し、散策へ。

この談笑が、ドライバーはフランス語。私、日本語。
互いにたどたどしい英語ながら、しっかりと会話になるという、
非常に奇妙な時間を過ごしました。



P1010372_convert_20090309085725.jpg

P1010373_convert_20090309085803.jpg
路地裏に入ると、絵画の露天商が。
町中にも彫刻等がたくさんあり、芸術性豊かな町でした。



その後も、城壁が続き、

P1010375_convert_20090309085838.jpg

P1010377_convert_20090309085912.jpg
天下のマクドナルドさんも、城壁都市にかかれば立派な建物に。


P1010376_convert_20090309091104.jpg



そのまま、町をぬけ、駅を発見。


駅前が「にぎわってるな~」と思いながら近付くと、

P1010379_convert_20090309090015.jpg
天然のアイスリンク


カナダはアイススケートアイスホッケーの盛んな土地柄であることを思い出しました。


P1010381_convert_20090309090056.jpg


その後は、試合のため帰宅。

試合に関してはまた後ほど。
非常に意味のある試合でした、ミルラッツにとって。




P1010400_convert_20090309090149.jpg

P1010403_convert_20090309090218.jpg

夜にはまた違った顔をケベックは見せてくれました。


非常に落ち着く、そして子ども心を取り戻すような雰囲気の町でした。



試合の勝利の影響もあったか、少し飲みすぎました。



今回のバス移動は、片道約6時間ほど。
あっという間でした。


モントリオール・ケベック・ハリーフォックスとカナダの3都市を周りましたが、
すべての町に個性があり、すべての町から新たな刺激をもらいました。

米国が大胆な国だとすると、カナダは非常に繊細な国だという気がしました。

私は大胆派ですので、たまにはカナダのような繊細なところへも。
    09:21 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
09
 
徐々に春めいてきました。


こちらも、気温がプラスを表示するなど、春めいてきて、
非常に気持ちのいい気候になってきました。


先ほどまで、カナダ遠征。

疲れました。

選手もかなりお疲れムードです。


バスの移動時間は7時間と非常に短くて済んだのですが。






金沢大学追いコンが昨晩行われたようですね。


「卒業おめでとう。」


今年卒業する選手の中には、同じコートに立ったこともある選手も。


入学してきた当時から、
「こいつら・・・あかんな~」と思い、
そして言われ続けてきた。
入部初日に、三澤が某先輩に叱られるくらいやったからね^^懐かしい。


結局、最後まで何とも腑に落ちないまま卒業。


2部降格し、北陸地区大会で富大に負け。

インカレ予選も厳しい評価。


聞くところによると今年の追いコンに出席していただいた重鎮の先輩方がゼロ。
同期の山田達が出席する状態。
諸先輩方も年度末ということやJBL2PO準備でご多忙ということだが、
「誰一人出席していただけない=応援していただけなかったのかな」と私は思う。

なんとかOBさんとの垣根を取っ払おうと、
Turtle Zooをうまく使っていたけども、
結局、、、谷間の世代になってしまったのかな。


大学だからこそのタテのつながり、
結果以上に素晴らしい線がつながることを願う。


来年のチームには、
「ちょっと、金大の試合を見に行こうかな」と思っていただけるようなチームになってほしい。



今年卒業の4年生とは、
「来年や再来年、数年後にゆっくりと話ができたらいいな」と思う。


4年生ご苦労様でした。
1年次は、三澤以外の選手は放置状態で。
先輩の背中を追いかけるので精一杯。
2年、3年次は、無茶苦茶な私に精一杯ついてきてくれて。
心が折れないように必死に奮闘して。
最終4年次は、コーチ不在。
真っ白なガバンにポンと置かれたような状態。
その中で一生懸命4年生同士で、話し合って、意見し合って、
本当に悩んだろうし、苦労したと思う。


でも、世の中はシビアなものです。
頑張っているだけではだめなもんです。
期待を込めて厳しい意見が飛び交うもんです。

これから世の中でたくさん経験すると思いますが、
今年得た経験を生かして、頑張ってください。

追いコンに出席できずに申し訳ない。


卒業おめでとう。


4年間ほんとうにありがとう。


    06:09 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
プロフィール

Coach-E

Author:Coach-E
名前:
衛藤 晃平
(Kohei Etoh)
出身:
大阪府
経歴:
・大阪府立住吉高等学校
・放浪
・金沢大学教育学部スポーツ科学課程
・金沢大学大学院教育学研究科
指導:
・金沢大学男子バスケットボール部H.コーチ
・浜松大学男子バスケットボール部A.コーチ

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。